セールスアワード:
年間の販売台数が優秀な販売店に送られる賞です。

アフターセールスアワード:
技術や顧客満足に優れた販売店に送られる賞です。

セールスアワード アフターセールスアワード

スタッフブログ

アッカーマンジオメトリー。

カテゴリー 商品紹介(試乗感)
スタッフ 森本 篤範 / モリモトアツノリ   [セールススタッフ]
[2020/05/26]
セールススタッフ 森本 篤範
 
ジュリアは駐車場を出る時など大きな舵角を与えた時に

ゴゴゴゴ・・・と振動が前輪から感じられることがあります。

これはジュリアの前脚が「非アッカーマンジオメトリー」となっているためであり、

決して異常ではありません。

ということで、今日はアッカーマンジオメトリーがテーマです。





 
ハイ、図がちょっとアレですが、クルマが右に曲がろうとしています。

当然ですが、内輪(右)が描く奇跡よりも外輪(左)が描く奇跡の方が半径が大きいですから

R >r

ですね。ということは、ステアリング舵角を与えた時にフロントタイヤを

内輪の切れ角が外輪の切れ角よりも大きくなるように作ってあげれば

クルマはスムーズに曲がれることになります。

A < a

こういうのを「(正)アッカーマンジオメトリー」といいます。





 
ところがです。図はあくまでイメージですが、

ヨーが付いて車体スリップアングルが大きくなる高負荷コーナリング領域では

左右前輪の切れ角が同じである方がウレシいケースが出て来ます。

A = a

ジュリアはこういう風に作られています。それ故、冒頭に書いた振動が出るのです。

街乗りよりも高負荷コーナリングを潔く優先してしまった訳ですね。

オサレなブランド車に乗りたいだけのニワカセレブ達を「一昨日来やがれ・・・」と

一蹴する開発者達の声が、まるで聴こえて来るようで嬉しくなるそれは仕立てです。





 
一方、156や147は上に書いたのとは違う理由でアッカーマンジオメトリーを

ガッツリと取っていました。正アッカーマンジオメトリーにしてあげると、

中立から転舵していく瞬間、左右両輪がガッと路面を掴むフィーリングが得られます。

あの147/156の独特のキレ味はこんな風に生み出されていたのです。

ただし、147/156の前脚はノーズダイブするとトーインになるように作られているので、

このような場面では正アッカーマンの動きはキャンセルされる事になります。





 
アルファ ロメオのセッティング部隊というのは、

こんな風なセッティングに使える技の引出しを沢山持っていて

それらを自在に組合わせる事で、あの走り味を作り出しています。

そのことが座学と実技の両方で分かるようになると今より何倍もオモシロくなる、

アルファ ロメオというのはそういうクルマなんですという事を、

出来ればひとりでも多くの方に知って頂きたいと思うのです。







 前へ | スタッフブログ一覧へ | 次へ 
ページ上部に戻るページ上部に戻る
2020年10月(16件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アッカーマンジオメトリー。

カテゴリー 商品紹介(試乗感)
スタッフ 森本 篤範 / モリモトアツノリ   [セールススタッフ]
[2020/05/26]
セールススタッフ 森本 篤範
 
ジュリアは駐車場を出る時など大きな舵角を与えた時に

ゴゴゴゴ・・・と振動が前輪から感じられることがあります。

これはジュリアの前脚が「非アッカーマンジオメトリー」となっているためであり、

決して異常ではありません。

ということで、今日はアッカーマンジオメトリーがテーマです。





 
ハイ、図がちょっとアレですが、クルマが右に曲がろうとしています。

当然ですが、内輪(右)が描く奇跡よりも外輪(左)が描く奇跡の方が半径が大きいですから

R >r

ですね。ということは、ステアリング舵角を与えた時にフロントタイヤを

内輪の切れ角が外輪の切れ角よりも大きくなるように作ってあげれば

クルマはスムーズに曲がれることになります。

A < a

こういうのを「(正)アッカーマンジオメトリー」といいます。





 
ところがです。図はあくまでイメージですが、

ヨーが付いて車体スリップアングルが大きくなる高負荷コーナリング領域では

左右前輪の切れ角が同じである方がウレシいケースが出て来ます。

A = a

ジュリアはこういう風に作られています。それ故、冒頭に書いた振動が出るのです。

街乗りよりも高負荷コーナリングを潔く優先してしまった訳ですね。

オサレなブランド車に乗りたいだけのニワカセレブ達を「一昨日来やがれ・・・」と

一蹴する開発者達の声が、まるで聴こえて来るようで嬉しくなるそれは仕立てです。





 
一方、156や147は上に書いたのとは違う理由でアッカーマンジオメトリーを

ガッツリと取っていました。正アッカーマンジオメトリーにしてあげると、

中立から転舵していく瞬間、左右両輪がガッと路面を掴むフィーリングが得られます。

あの147/156の独特のキレ味はこんな風に生み出されていたのです。

ただし、147/156の前脚はノーズダイブするとトーインになるように作られているので、

このような場面では正アッカーマンの動きはキャンセルされる事になります。





 
アルファ ロメオのセッティング部隊というのは、

こんな風なセッティングに使える技の引出しを沢山持っていて

それらを自在に組合わせる事で、あの走り味を作り出しています。

そのことが座学と実技の両方で分かるようになると今より何倍もオモシロくなる、

アルファ ロメオというのはそういうクルマなんですという事を、

出来ればひとりでも多くの方に知って頂きたいと思うのです。







月別表示
カテゴリー別表示
スタッフ別表示
ページ上部に戻るページ上部に戻る